イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓地にWiFi

cimitero wifi fotogramma
photo by fotogramma

イタリアは11月1日が諸聖人の祝日にあたり、最低でも3日の連休となった。
約700万人がこの連休中、旅行に出ているというが、2日は“死者の日”、今は亡き家族や親族、近しい人を墓地に訪れる人でもある。
日本のお彼岸と似て、この時期墓地の前にはお供えの花を売る花売り屋台が登場するほか、スーパーなどでも花のほかろうそくなどのコーナーが設けられる。
お供えの花の主流はキクだが、今年は秋とは思えない気温の高さも手伝い花の生育は順調、そして売上も上々だそうである。

死者の日を前に、ミラノのグレコ墓地の入り口の柵に、“Wi-Fi Area”の表示が。
ミラノ市がすすめているプロジェクト、市内500ヶ所に設置された公共WiFiポイントの1つに、この墓地が入っているのだ。
なぜ墓地にWiFiかと不思議に思う人も多いが、いつでもどこでもつながっていないと不安を感じるイタリア人が増えている傾向の表れとも言える。
もしくは市のWiFi推進担当者がこの墓地にしばしば訪れるので、必要性を感じたのか・・・。

WiFiポイントに指定されていても、うまくつながらない場所もあるなか、グレコ墓地の接続状態は非常に良いそうだ。
スポンサーサイト

イタリア最古の書店の訴え

Libreria Bocca
Libreria Bocca

ミラノのまさに中心、ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレにある書店、ボッカ。
1775年に開店した、イタリア最古の歴史を誇る書店である。
当初は出版も手がけ、イタリアの王室サヴォイア家のために本を印刷していたほか、1832年にはフロイトの「夢判断」イタリア語初版も出版している。

この書店に最初の危機が訪れたのは、2009年。
一等地であることもあり、賃貸料が高騰したためである。
この時はミラノ市当局の配慮により、賃貸料がブロックされ救われたが、長引く景気不振で新たに閉店の危機にさらされている。
特に最近数カ月の売り上げは最悪で、この夏ようやく1,000ユーロを超えたほどという。
文化財省から“歴史ある店”としての認定も受けている店を何とか救いたいと、オーナーが店のショーウィンドー上部に貼り紙を出した。
「景気不振はこの店を閉店の危機に追い込みました。あなた自身に1冊の本を贈り、イタリア最古の書店を支援してください」

店の前を通る多くの人の中には、立ち止りこの貼り紙を読み、店内に入っていく人も少なくない。
歴史ある場所・文化を愛し、守ろうとするイタリア人気質が、この店を救うことを期待したい。

拒まれた葬儀

priebk
信心会に到着する棺 Photo by Ansa

11日、軟禁状態にあった友人の弁護士宅にて、100歳で亡くなったエーリヒ・プリーブケ元ナチス親衛隊将校。
彼の死は、1944年ローマにおける市民335人の虐殺という残忍な行為と同じくらい、ローマのみならずイタリア全体に大きな波紋を投げかけた。
まずローマ市長が、「ローマは反ファシズム、反ナチスの街であり、このような犯罪を犯した者の葬儀・埋葬は受けいれない」と発表。
さらにヴァチカンが、教会での葬儀を許可しないと通達。

イタリアにはユダヤ系の人々が多く、数多くの都市にユダヤ人居住区であったゲットーが残っている。
多くの人が惨殺されたり、子どもからお年寄りまでイタリアからアウシュビッツ収容所のガス室へと連行され、還らぬ人となった。
時の経過に伴いナチスの残忍な行為を忘れてはならないと、記念日がやってくる度にこの話題は市民レベルでもメディアでも取り上げられる。
プリーブケ元将校は、生前自らの行為を後悔する気持ちを全く示さなかったため、彼への反感は一層強いものとなった。

結局葬儀は、知事の命によりローマから30キロほどのアルバーノという街の信心会にて執り行われる。
が、この事実を知った住民たちは猛反対。
信心会入り口付近で、棺をのせた霊柩車を殴る蹴るの騒動となった。
さらに、ネオナチの集団が遺体崇拝のためやってきて、住民と衝突。
この騒ぎで葬儀は途中でとりやめとなり、棺はイタリア軍空港の倉庫に安置される羽目に。

priebke
生前のプリーブケ元将校

1週間たった19日、プリーブケ元将校の弁護士が、「埋葬場所に関する話がまとまった。場所はトップシークレットだが、イタリアかドイツ」と発表。
が、ドイツ外交筋はそのような話は受けていないと述べ、ドイツ在住の子息もドイツでの埋葬を受け入れていないという。
100歳という長寿をまっとうしたにもかかわらず、死後誰からも受け入れられない哀しい人生の結末。
イタリアにおけるナチスへの根強い嫌悪感と、与えた多くの憎しみは、自らに戻ってくるということを見せつけた出来事である。


ヴェネツィアを救え モゼ

mose

秋が訪れるとヴェネツィアで毎年懸念されるのが、アクア・アルタ
ちょっと激しい雨が降ると、サン・マルコ広場は水浸しとなってしまう。
ヴェネツィアアクア・アルタから守るため考案されたのが、“モゼ”こと人口堤防。
10年間工事が進められているが、初の公式試運転がインフラ担当大臣、ヴェネト州知事、ヴェネツィア市長ら政治家たちが見守る中、12日に行われた。

写真に見られる黄色の4つの水門が、次々に水中から浮上。
人々から拍手が沸き起こった。
これら水門は全部で78。普段は水底にあり水で満たされているが、110cmを超えるアクア・アルタ(サン・マルコ広場が30cmの浸水)が予想されると、空圧により水が排出され最大45度まで浮上するというしくみ。
当初の予定では2014年から本格的に始動するはずだったが、資金不足のため進行が遅れ、2016年以内の完成を目指す。
インフラ担当大臣から、設備維持などに必要な4億ユーロも新たに調達されるという言葉も聞かれた。

モゼはヴェネツィアアクア・アルタ、果ては水没の危機から救う救世主となりうるか。
工事の完了が待たれる。

ヴェルディ生誕200年

Verdi

ヴェルディ生誕200年目にあたる2013年は、初頭からさまざまな関連行事が行われてきたが、誕生日である10月10日を迎えイタリアではさらにお祝いムードが高まっている。
ヴェルディが20歳になる前に移り住み、強い絆のあるミラノでは、スカラ座を中心とし10月10日から2014年1月末までに80以上のイベントが開催される。
200歳の誕生日の10日には、スカラ座は10時から18時まで特別に開場、ロビーでヴェルディに関するドキュメンタリーや、歴史的演奏の録画などを上映。
スカラ広場には長い列ができ、約3,000人がこの特別な機会を楽しんだ。
夜には劇場内で、俳優によるヴェルディの詞の朗読が行われる。

scala apertura speciale
スカラ座ロビーでの映画上映

イベントは、ヴェルディのオペラ作品からインスピレーションを得たインスタレーション、ヴェルディと同時代の芸術家に関する展覧会、彼が1872年から亡くなるまで暮らしたGrand Hotel et de Milanでの、“ヴェルディの部屋”の展示など、さまざまな分野にわたるものがミラノ中で開催される。
ミラノにおけるヴェルディと関係のある場所を示すアプリ、“ヴェルディとミラノ”も開発された。
モランド宮とモリッジャ宮でダウンロードできる。

一方、ヴェルディ生誕の地であるパルマ近郊ブッセートとパルマでも、さまざまなイベントが催され、世界で最も有名なイタリア人作曲家の偉業をたたえる。


 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。