FC2ブログ

イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「倒産」で年明け、Richard Ginori

doccia Ginoriのロゴの存続は如何に?

イタリアの名磁器で有名なリチャードジノリ社が遂に倒産
倒産宣告は、ジノリ本社のあるフィレンツェの裁判所から、1月7日付で公に発表された。
リチャードジノリ社は、1735年創業、ドッチャ焼とも呼ばれる陶磁器の製法を現代まで引き継いできた Made in Italy − 殊に、手工芸の分野において非常に重要な存在であった。
ジノリ手作業 かつてのジノリ本社工場の様子
(昨年7月に閉鎖)

製法・絵付は全て手作業という昔ながらの製法に巧みな技術を施し、最近では現代感覚のモデル、デザインや絵付も開発。また、従来の高級食器や高級装飾品のみならず、時代のニーズにあったエコノミー感覚の陶磁器の販売なども手がけて、市場の傾向を省みた販売推進戦略も試みていた。他方で、本社地元のパワーも活用し、フィレンツェの生協「COOP」と提携し、日常的に家庭でも使える高品質かつ、シンプルで美しい白い食器のキャンペーン販売も行って、生存競争へ賭けた事業の展開も行われていた。その努力も虚しく、倒産の時を迎えてしまった。

ジノリ社員デモ ジノリ社員によるデモ行進

ジノリ社は、2012年7月31日に、創業以来ジノリ製品を生み出してきた歴史ある本社工場を閉鎖するまでに追い込まれていた。それ以来、工場勤務の社員等300余名が既に失業保険を受ける身分となっていたが、この度の倒産を受けて、全社規模にて更なる失業者がでる。社員たちは抗議デモを仕掛けているものの、巨額の赤字負債を含めて、ジノリ社を買い取る程の経済能力のある企業が出現しない限りは、今の所なす術はない。

昨年、工場閉鎖の時点では、米国・ホワイトハウス御用達食器メーカーとして有名なLENOX社、およびルーマニアの老舗陶磁器メーカー・APULUM社がジノリ資本の購入へ向けて触手を動かしていたが、その話しも何処へ消えたのやら。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/195-152122a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。