FC2ブログ

イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Maggio Musicale Fiorentino 新シーズン開幕の光と影

ワルキューレ
オペラワルキューレ》のワンシーン

ズービン・メータ率いるマッジョムジカーレ・フィオレンティーノと言えば、国際レベルで活躍する交響楽団。3.11震災の時には日本公演中であった事も記憶されるところだろう。
1月18日に、マッジョ・ムジカーレの2013年シーズン幕開けとなった。開幕プログラムはリヒャルト・ワーグナーの壮大なオペラワルキューレ》。舞台演出部門においてはスペイン・カタルーニャ地方の劇団La Fura dels Baus の参画も有り、前衛的、そしてまた幻想的なステージの構成が成されている。その非現実的な舞台構成はワルキューレの超常的な世界を表現するにふさわしく、4時間にも亘るプログラムを最後まで飽きることのないものに仕上げている。見事な演奏・演出に初日の評価は上々。1月24日までの間に4度の上演がプログラムされているが、初演の反響から益々客足は伸びるようだ。

一方、華やかなシーズン始めの裏では、マッジョ・ムジカーレ楽団が抱える深刻な問題も。
マッジョ・ムジカーレはフィレンツェ市の管轄の下にあるのだが、昨年末からフィレンツェ市長マッテオ・レンツィがコスト削減を目的とした人員減らしをマッジョ・ムジカーレに要求していた。
それに対し、楽団員達は激しい抗議をし、市役所の前に押し寄せシュプレヒコールをするなどのパフォーマンスもあった。レンツィ市長との話し合いは難航していた。
MMusicalecontesta
「死刑宣告者」の装いで、劇場前に立って抗議をするスタッフ達

そして、この度のシーズン皮切りの機を利用して、新たなパフォーマンスがコムナーレ劇場前にて展開された。「仕事が無くなるのは、死を宣告されたと同様」というフレーズで、数人の楽団員達は黒ずくめの死装束での抗議に出た。
現在、市長との話し合いは労働組合を挟んでおこなわれている。労働時間の短縮など契約内容の改訂という犠牲を提示し、「解雇」という最悪の事態を避けるべく奮闘中である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/204-cdd86349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。