イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr パパラッツィ Corona , 只今逃亡中

corona Fabrizio Corona

VIP の隠し撮り「パパラッツィ」の世界で、イタリア一有名な写真家はファブリツィオ・コローナだろう。“有名"といっても彼の場合、その破天荒な仕事の仕方、芸能スキャンダル、女性関係、等で数々の浮名が立っていることで知られているのだ。VIPの秘密曝露写真を利用した恐喝罪は過去に幾度もあり、彼の姿が法廷に現れることは多い。
今回は、セリエAサッカーチーム《ユヴェントス》の選手、David Trezeguet の放蕩な一夜の写真を撮影。それをもとにTrezeguet 選手に巨額を要求、強請り行為がなされていた。事態はトリノ裁判所へと持ち込まれた結果、1月18日にコローナへ 懲役 5年の 有罪判決が下された。
その判決が出る直前に、コローナの姿は突如消えてしまう。
ミラノ在住のコローナは 、金曜の朝「いつも通り」ジムに通い、その帰り道にも姿が確認されていた。ところが、逮捕状がおりてミラノ警察が動き出した途端、行方不明となってしまう。彼の携帯電話には留守番機能が設定されており、音信も不通。警察の虱潰しの捜査にもかかわらず、所在は明らかにならない。国外への逃亡も懸念されているため、 とうとう国際指名手配も出てしまった。
一方で、Facebook 上には、コローナ本人からとされるメッセージの書き込みが入る。その発信源はミラノ付近からだったというが、実際コローナのページの管理者は「ファブリツィオ・コローナのスタッフ」となっているので、本人によるものとは確定できないようだ。それでも引き続く書き込みでは、村上春樹の小説「海辺のカフカ」(イタリア語翻訳) からのフレーズの引用も見られ、世間での反響は大きい。ソーシャルネットワーク上ではコローナを応援する声、コメント、「ライク」のサインが爆発的に送られてきており、それらは確認されているだけでも9,000件以上に登る上、その数は分刻みで増え続けているという。

パパラッツィの王者は、いつもは「撮られる」側のVIPさながらに、身分を隠して逃走中。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/206-0f9a0eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。