FC2ブログ

イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治家たちのワンワン・パフォーマンス

berlusconiconcane
シルヴィオ・ベルルスコーニと子犬のVittoria

愛情たっぷりな様子で子犬を抱くシルヴィオ・ベルルスコーニ・・・子犬の名は“Vittoria”(=勝利)。捨て犬だったヴィットリアは、動物愛護協会のボランティアスタッフに救助された3匹の子犬のうちの一頭で、唯一生き残った二ヶ月半になるメスの雑種犬。この度、ベルルスコーニが里親となり、ヴィットリアはシチリアからはるばるミラノへとやってきた。
これは、2月24・25日に控えた選挙に向けての政治キャンペーンの一部である。
ベルルスコーニ率いる右派政党・Popolo Della Liberta (通称PDL) 所属のミケーラ・ブランビッラ元・観光庁大臣はアニマリストとしても有名で、動物放棄反対と野犬保護運動を続けている。その活動をPDLが引き継いで、選挙運動の1つのプロパガンダとして掲げることとなった次第。
Michela Brambilla mbrambillaconcani

もちろん、動物愛護協会や動物好きの人々の投票を狙った作戦であり、特に犬好きの多いイタリア国民に対して、引き取った捨て犬を可愛がるベルルスコーニの姿は、高感度を高める効果抜群である。

ところがそれを受けて、モンティも捨て犬の里親としてメディアに登場した。
モンティが引き取った犬はTrozzy.と名付けられた。ベルルスコーニがデモンストレーションを行った直後のことであるから明らかに模倣行為である。

Trozzy & Monti   monticane

番組内では小さなTrozzyを撫でながら子犬と自分との「共感性」を披露し、一方でベルルスコーニの子犬ヴィットリアは里親・ベルルスコーニに対して「冷やかな態度だ」と皮肉を込めたコ批評をしている。

果たして、ベルルスコーニのヴィットリアは、その名の通り勝利をもたらす女神となるのか否か?
政治に利用される捨て犬たち、重要なのは選挙後も彼らの平安な生活が保障されることだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/223-443bfe74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。