FC2ブログ

イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新政権、銃声とともにスタート

giuramento
クィリナーレ宮にて誓約のセレモニーに集う新閣僚

28日午前11時過ぎ、前日の発表を受け大統領官邸であるクィリナーレ宮にて新閣僚が集い、誓約のセレモニーが行われた。
閣僚のなかには家族を伴い宮殿に到着するものもあり、またセレモニー前にはこれから同僚となる新閣僚の間で、初の公式顔合わせながらなごやかな談話が交わされるなど、長い国政混迷後のお祝いムードにあふれた。

が、まさに宮殿内で閣僚1人1人が大統領に共和国への忠誠を誓っている最中、政府が置かれるキジ宮前で発砲騒動がおこり周辺は恐怖とパニックで騒然となる。

carabiniere colpito
首を撃たれた憲兵 Photo by Ansa

attentatore ansa
取り押さえられた犯人 Photo by Ansa

ジャケットにネクタイというきちんとした身なりの男が、ポケットからピストルを取り出し警護のため配備されていた憲兵に対しいきなり発砲。
7発撃ち、2人の憲兵が負傷した。
首を撃たれた50歳の憲兵は命に別条はないとされるが脊髄を損傷する重傷で、病院で長時間にわたる手術を受けたがマヒが残る恐れがあると言う。
一方、憲兵・警官の側からは発砲することはなかった。
犯人は南部カラブリア州出身のルイジ・プレイーティ、49歳。
発砲後逃亡を試みるが、憲兵と警察官に取り押さえられた。
事件直後は精神に異常をきたす者の犯行、もしくは背後で犯行を操る存在が取りざたされたが、取り調べが進むに従い、単独犯で標的は政治家であったことが現在までに判明している。

カラブリアから20年前に北ピエモンテ州のアレッサンドリアへ移住、左官として働いていたが不況により仕事を失い、さらに2年前に経済的事情などから妻と離婚、そのうえ賭博にはまり大金を失い、カラブリアに戻り両親と暮らしていた。
前日どこに行くともも言わず家を出て、一人電車でローマへ向かい駅近くの2つ星ホテルに宿泊、犯行に及んだという。
検察官に対し、「イタリア人は苦境にあるのに政治家は何もしない」と吐露。
絶望からの犯行で、自殺するつもりが弾丸がなくなりできずに終った。
今後もより詳しい取り調べが続く。

現在のイタリア人の厳しい状況を象徴的に表す事件とともに、ショッキングな発足となった新政権。
まさに険しい道のりを暗示するが、この事件は政権の今後にどののような影響を与えるのか。
望ましいのは、各閣僚がイタリアの現状をより深刻に受け止め、状況の早急な改善のため全力を尽くすことだ。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/252-dd554ac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。