イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば、固定資産税

governo
記者発表を行うレッタ首相(中央)

ベルルスコーニの有罪判決に対する姿勢から、連立政権を構成する主流の2党、民主党と自由国民党の間で亀裂が日に日に深まり、政権崩壊というシナリオが取りざたされていたこの頃。
自由国民党が今政権存続の“条件”としてあげていた、モンティ政権によって再導入された固定資産税の撤廃が、レッタ政権にとっての重要な試金石とみなされていた。
28日行われた閣僚会議で、政府は2013年主要な住居および農地に課せられる固定資産税の撤廃を決議。
国の財政状況は改善されたイタリアだが、固定資産税に代わる財源の調達は険しい道のりで、撤廃は難しいかと思われた。

この撤廃に伴い新たな税金が国民に課せられることはないが、2014年からは住居の所有に対してではなく、ゴミ回収など住居に関する事業に対して支払う“service tax”が導入される。
自由国民党書記長のアルファーノ副首相も、“使命を遂行した”と満面の笑み。
存続の第一関門を突破したレッタ政権だが、次に待ち受ける難関は、有罪判決を受けたことにより立候補が不可能になるベルルスコーニの政治生命をめぐる駆け引きだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/282-bf9218ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。