イタリア通信

政治・経済から、アート、モード、グルメ、スポーツまで、イタリアの日々の情報を発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッタ内閣信任

fiducia
レッタ首相(左)アルファーノ副首相(右)

ここ数日絶え間なく続く政治局面の変化。
レッタ内閣への信任投票が行われた2日も、期待を裏切らないどんでん返しが待っていた。
午前中、ベルルスコーニは不信任投票することを明言していたが、上院での投票が開始される直前、議場で「痛みを伴わないわけではないが、国益を優先しレッタ内閣に信任と投票する」と発言。
その瞬間カメラがとらえた唇の動きから、レッタ首相は「やった!」とささやいたとされる。
首相所属の民主党議員が過半数に達しない上院での票数が、政権存続の“カギ”とされていたが、このベルルスコーニの変わり身により、信任235に対し不信任70と余裕の信任となった。
夜に行われた下院での投票でも435票の信任を得、レッタ首相は「数ではなく結束による新たな多数派」と、危機を乗り越えた自信を見せた。

Berlusconi ap
Photo by AP

首相は「今日はイタリア民主政治における歴史的な日」と述べたが、内閣信任より中道右派再編のきざしにその意義を見出すイタリア人が多い。
ベルルスコーニが土壇場で信任へと方向を変えた裏には、自由国民党のハト派が不信任に反発し離反の動きが活発化したことがある。
党の分裂を何としても防ぐための苦渋の選択で、それは議場でのベルルスコーニの表情に表れていた。
二転三転した主張、そして最終的なトーンダウンは、ベルルスコーニのリーダーとしてのカリスマの凋落、そして政治的敗北とみなされ、多くの新聞に「ベルルスコーニ、屈する」というタイトルが。
自由国民党から離れた議員による新勢力結成は、もはや避けられないように見えるが、関係修繕を試み自由国民党の会合は深夜まで続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corriereditalia.blog.fc2.com/tb.php/287-3dbabaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

Espresso Italia

Author:Espresso Italia
イタリア在住16年のジャーナリストが、一般メディア媒体では伝えられることの少ないイタリアを発信

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (133)
サッカー (9)
歴史・文化 (20)
アート (8)
モード (7)
スポーツ (3)
フード (18)
映画 (2)
オペラ (3)
ワイン (3)
動物 (3)
ビジネス (1)
政治経済 (13)
社会 (35)
政治 (20)
バイク・カー (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

イタリア旅行なら:

航空券でもホテルでも;

便利な仮想PC & VPS

VINO!

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。